ノロウイルスの対策をしっかりしておこう!

ウィルス

強い感染力がある

ノロウイルスは非常に感染力が高いので、きちんと対策を打つことが重要です。手洗いや調理の仕方はもちろんの事、調理器具は熱湯消毒するなどして、菌を持ち込まないようにしましょう。また、アルコールで2度拭きをするなどして、部屋の掃除をする事も大切ですよ。

男の人

どのように鎮めるべきか

ノロウイルスに感染すると、腹痛を起こしたり、下痢や嘔吐の症状が出ます。特に免疫があまりない子供は感染しやすいです。感染しないための対策としては、次亜塩素酸水などの強力な消毒液を利用することです。また、二枚貝などを食べる時には高温でしっかりと調理することが必要です。

感染予防を徹底する

サージカルマスク

毎年流行する身近な感染症

ノロウイルスは毎年日本で流行しています。対策はどうしたらいいのでしょうか。1年を通して発生していますが、特に11月から年を越えて1月までが最も患者数が多い感染症です。潜伏期間は早くて1日、遅くとも2日で症状が現れます。嘔吐や下痢や腹痛が主な症状として現れ、インフルエンザと違い発熱は高くないので、初期は単なる風邪と勘違いする人がいるのも感染を広げる原因にもなっています。ノロウイルスは感染性胃腸炎の一つで、食べ物から感染するのが多く同じ物を食べる集団で発生する事もあるので注意が必要です。また、ノロウイルスはほんの少しのウイルスで感染するので、下痢や腹痛の症状がある場合は食品に触らないようにするのも対策の一つになります。感染源として2枚貝から感染した人が多いですが、その他の食品からもウイルスが発見されているので流行の兆しがあれば、食品の加熱を徹底して対策して下さい。ノロウイルスに感染した人が身近にいる場合は、調理器具や食器等の消毒をして二次感染を防ぐのも大事です。少しでもノロウイルス感染に似た症状が出た場合、その人が触った所は消毒するといった対策を取り、店や家事を休んで下さい。現在ノロウイルスに対抗できる抗ウイルス剤がない為、基本的に対症療法がとられます。安静にして、症状が治まるのを待つしかないのです。体力の無い高齢者や乳幼児など脱水症状を起こす事もありますので、その場合は病院で点滴などの処置が必要になります。

横になる人

ウイルスによる感染を防ぐ

現在のノロウイルスの検査は、主に便を使用して行われています。ノロウイルスは、消毒薬などの効果が得にくく、処理の際には専用の薬剤を使用することが必要です。便や嘔吐物が付着しやすい場所に注意を払うのが、二次感染を防ぐための対策となります。