ノロウイルスの対策をしっかりしておこう!

ウイルスによる感染を防ぐ

横になる人

便検査でウイルスチェック

冬に流行することが多いノロウイルスは、医療機関でも一部検査が行われます。ノロウイルスの検査の場合、便を調べるのが通常の方法です。病院や自宅で採取した便にウイルスがいるかどうかを調べるのが、ノロウイルスの検査の進め方です。ノロウイルスは、熱湯や一般的な消毒薬では死滅しないウイルスです。従って、流行するシーズンにはしかるべき対策が必要です。ノロウイルスは、便や嘔吐物などを通じて感染を広げます。ウイルスを抑制するためには、塩素系の薬物を使用することが推奨されています。ノロウイルスが流行して以後は、市販品の中にもウイルス対策を謳った商品が見られますので、対策は以前に比べて容易になっている状況です。感染を広げやすい場所として挙げられるのが、トイレや洗面所です。便や嘔吐物が付着しやすい場所は、特に気を付ける必要があります。家庭や職場でノロウイルスに接する機会があったら、体や衣服に付着しないように細心の注意を払うのが二次感染を防ぐための対策です。ウイルスが大気中に浮遊すると、空気感染の可能性も出てきます。このノロウイルスは、貝などの食品が原因になるケースがほとんどです。十分に加熱していない状態で食品を口にすることは、感染を引き起こす要因になり得ます。魚介類を扱う時には特に注意を払い、こまめに手洗いなどを実施するようにします。ノロウイルスが流行している時期には、外食を控えるなどの対策も時に有効です。