ノロウイルスの対策をしっかりしておこう!

強い感染力がある

ウィルス

正しい知識を持とう

感染力の高い感染性胃腸炎の原因とされているのがノロウイルスです。これは人間の手先や食品などが感染ルートになると言われています。症状としては嘔吐や下痢、激しい腹痛が伴うので警戒しておきましょう。また子どもや高齢者は抵抗力が弱いので、ノロウイルスに感染することによって嘔吐物を喉に詰まらせて呼吸困難になる可能性もります。最悪の事態を避けるためにも、事前に予防対策を行っておく必要があります。ノロウイルスに感染しない為に、今からでも出来る対策は、手洗いをしっかりと行う事です。手指に付着したノロウイルスを減らすのに、最も有効的だと言われています。帰宅時や食事を食べる前、トイレの後など、きちんと意識をして手洗いの対策を取るようにしましょう。そして、普段私たちが口にする食品は、加熱をきちんと行う事が大切です。特に貝類は、生やきちんと火が通っていないものを、うっかり口にしてしまう事で、感染するリスクが高まります。また、ノロウイルスの対策で欠かせないのが、普段使用するキッチン調理器具の消毒です。何もノロウイルス専用の消毒薬やスプレーを購入する必要はありませんので、アルコールで2度拭きをするようにしましょう。調理器具は使用したら、毎回85度以上のお湯で熱湯消毒などの対策を取ると、非常に安心です。最後に、手や食器以外にも、ドアノブや家具の金属部分に触れることで、ノロウイルスに感染する可能性も十分に考えられます。アルコールを使った消毒は、プラスチックや金属に影響はありませんよ。